お金の話をしようではないか

銀行系キャッシングの上手な使い方

近年になって大きな成長を見せる消費者金融系のキャッシングですが、以前と比較すると我々にとって身近な存在となっています。銀行系であることが大きな要因で、銀行の監視下の元にサービスが展開されていることから、非常に利用し易いシステムと言えるでしょう。銀行系キャッシングは銀行とは異なり審査に必要な書類が少なく、時間が掛からない特徴があります。審査基準も低いものとなっており、収入が安定してさえいれば落ちることはまずありません。オンライン審査では1分もあれば結果を知ることができ、サービスによっては即日融資を受けることも可能です。特に出先でお金が必要となった場合はすぐにも契約できるため、大きなメリットがあると言えるでしょう。

銀行系キャッシングは総量規制の対象となるため、年収の3分の1までしか融資を受けられない特徴があります。また審査が甘かったり時間が掛からないサービスほど利息が高く設定されており、利用するには十分な検討が必要です。ただし銀行系のほとんどは初回利用に限ってキャンペーンが用意されており、一定期間は利息が発生しないケースも多く見られます。コンビニATMなどを使っていつでも返済できるので、上手く利用すれば無利息で融資を受けられるのが魅力的です。少々審査に時間は掛かっても良いという人であれば、利息の低いサービスを選択するべきでしょう。自分のニーズにマッチしたサービスを選べるのが、銀行系キャッシングの魅力と言えます。

マイカーローンと言うもの

マイカーローンと言うものがあります。名前からわかると思いますが、車を購入する為の資金を融通してもらうことができます。このマイカーローンと言うのは目的ローンと言うものになります。目的ローンと言うのは、特定のものを購入することを約束して融資を受けると言う制度です。つまり、この場合は車を購入することを条件にお金を貸してもらうわけです。他にもフリーローンと言うものもあります。こちらは自由に使うことができます。ですから、車の購入資金にしても良いですし、学資の資金しても良いですし、リフォームの費用にしても良いのです。しかし、目的ローンより金利が高いことが多いです。それに額もかなり少ないですから、注意が必要です。

マイカーローンと言うのは、色々な金融機関が実施しています。金利の上限は法律で決められていることですが、そのほかの条件は特に決まっていないのです。つまり、出来るだけ良い条件で貸してくれるところを見つけることが非常に重要なことになってきます。言うまでもありませんが、そうした情報を集めるにはインターネットが非常に有効的です。インターネットならいくらでもそうした情報を集めることができますから、積極的にインターネットを活用して情報を集めることです。金融機関によって金利は違いますし、条件が違うのです。面倒かもしれませんが、少しでも良い条件で借りる為には手間を惜しんではいけないのです。必ず実行することです。

誰も語らない、カーローンの審査ってこういうこと。

憧れのマイカーを購入したい…しかし頭金もないしボーナス払いもできない。以前クレジットカードの支払いも遅延したことがあるからきっとカーローンの審査に通らないだろう。などという考えはもう昔の話です。
誰も語らない真実ですが、カーローンの審査は自動車屋とローン会社のかけひきが大きい世界です。
ローン会社もビジネスです。金を貸さないと仕事にならない。審査NGと一言で言っても、決断を下す前は「どちらにしようかな」と悩むことだってあるのです。

例えば、「この人だとリスクが大きすぎる。きっと完済するまでに数回は遅延するだろう。儲けが少ない。」という理由でNGにすることだってあります。そういう場合はローンの利率をアップすることや支払い回数を増やすことでリスクを軽減できるのです。利率をアップさせることは顧客の不利益に直結し、支払い総額のアップにつながりますが、月々の金額の負担増額は数百円程度の場合がほとんどです。また、支払い回数を伸ばすとその分完済するまでの日数は増えることになるのですが、単純にローン会社の利益が増えますし顧客月々負担額が減ることでリスクの軽減につながります。

そういう誰も語らないカーローンの裏常識を知っている自動車屋、街にはたくさんあるのです。自動車屋の選び方はとても重要です。大手自動車チェーン店に行くのももちろん良いですが、業歴の長い自動車屋もはずせませんよ。

ETCカードの裏ワザ的な作り方

ETCカードの裏ワザ的な作り方には、一度に2枚のカードを持つというものがあります。ETCカードには、クレジットカードにETCの機能をつけたものと、ETCに関連する機能だけが使える二種類があります。前者のカードには、ガソリンスタンドやETCで料金の決済をするだけでネットショッピングなどで使えるポイントが貯められるという特典もあります。

カード会社によっては旅行のときに使えるポイントが貯まるものもありますので、自分の用途に合わせたものを選びましょう。また、このカードの作り方には新たに作るものと追加する形で作るものとの二種類があります。新たに作る場合はカード会社の審査を受けなければなりませんが、追加で作る場合は改めて審査を受ける必要はありません。後者のカードにはショッピング機能はついていませんが、高速道路の料金などの割引を受けることができますので、ETCでの決済のみに特化した使い方をしますとより大きな恩恵を受けることができます。

したがって、ETCカードのお得な裏ワザ的な作り方は、クレジットカードと一体となったものとETC専門のカードの両方を作り、ショッピングや高速道路の料金の決済など、必要に応じて使い分けることだといえます。